よくある質問

このプログラムに出席することは、どのように役立ちますか?

どの言語を教える際にも共通する、最新の言語教育方法を身につけることができます。国内、海外でボランティアとして、また海外で日本語教師として働く上で大いに役立ちます。


日本語教師としての仕事を、海外でどのように得られるのでしょうか?

このページの末尾にある「CIL卒業生アンケート実施結果」をご覧ください。コース卒業生がどのように海外において日本語教師の職を得たかが詳しく説明されています。是非参考になさってください。


海外で日本語教師として就職する際、日本語教授法習得証明書はどの程度役立ちますか?

海外の状況は、国によりまた機関によって異なっており、一概には言えません。ただ、公立の学校の場合、より一層の資格が求められる傾向があり、日本語教授法習得証明書だけで日本語教師としての職を得るのは難しいかもしれず、四年制の大学を卒業しているなどの他の条件が求められるかもしれません。民間の学校や教育団体の場合、経営者の判断により、採用される可能性が高くなります。


日本語教師資格に関して文部科学省が規定するガイドラインを満たしたいのですが…

「日本語教師資格について」のページで説明されているとおり、文部科学省は日本語教師になるための資格として、次の3つのうちどれか1つを満たせばよい、としています。

  1. 日本語教育能力検定試験に合格していること
  2. 民間の日本語教師養成講座で学び、420時間以上を終了すること
  3. 日本語教育課程をもつ大学、大学院で学び、学位を取得すること

このガイドラインによると、当CILのコースを終了しただけでは、とりわけ国内において「日本語教師」として認知されるには不十分であることが分かります。「日本語教師短期養成コース」を終了した方で、さらに日本語教育について深く学びたいと思われる方は、提携大学「USAT理工文科大学」の「遠隔地学位取得プログラム(Distance Degree Program)」を受講なさることをお勧めいたします。これにより、「日本語教育学」専攻の「教育学学士号」を取得することができ、就職活動をより有利に進めることができるでしょう。また、海外でビザを取得する際にも、学位を持っているなら有利に働くことが考えられます。


「USAT理工文科大学」とはどんな大学ですか?

USAT理工文科大学は2003年に設立された、英領モントセラト島の教育省による認可を受けている私立大学です。CIE(CIL)は、2008年にUSAT理工文科大学と提携し、モントセラト国外における「遠隔地学位取得プログラム」を監督しています。「TESOL」もしくは「日本語教師短期養成コース」の受講、4年(2,000時間)以上教育に携わった経験などに単位が与えられます。さらに専攻に関連した論文を作成することにより、学位を取得することができます。詳しくは、USAT理工文科大学ホームページをご覧ください。(www.usatmts.jp


CILは、就職のための斡旋や推薦を行いますか?

残念ながら、現在のところ行っておりません。将来的に、さまざまな情報が蓄積されるにつれ、紹介することなどが可能になるかもしれません。


実際に日本語を教えることになった場合、テキストなどはどうするのでしょうか?

「日本語教師養成プログラム」では、日本語を系統だって教えるためのテキストは配布されません。もし就職した機関にテキストやカリキュラムがあるなら、それらを用い、なければ市販のテキストを使用することができます。それらのテキストをカリキュラムの骨組みとして用いながら、本講座で学んださまざまな言語教育方法を活用し、クラスの準備を行うことができます。


「日本語教師短期養成プログラム」では、どの言語にも共通の言語教育方法が教えられるとのことですが、日本語独特の文法や発音については学べるのでしょうか?

本コースでは、日本語特有の文法や音声についての説明はなされません。とは言え、ネイティブスピーカーの場合、言語を教えていく上で重要なのは、その言語についての専門的な知識があるかどうかということ以上に、すでに持っている膨大な言語の知識の効果的で実際的な教え方を知っているかどうか、ということにあります。本プログラムに参加なさるなら、その点について徹底的な訓練をお受けになることができます。また、学習者がネイティブスピーカーに求めるものは、大抵の場合文法や音声についての詳しい知識というよりは、正しい表現や発音を教えてくれること、会話の練習相手になってくれることであることも覚えておくことができます。もちろん、日本語教師としての仕事をしていく中で、日頃から日本語についての知識を深めていく努力を怠るべきでないことは言うまでもありません。この点、最終日に渡されるテキストには、日本語の文法や発音に関する優れた資料が掲載されています。


「日本語教師短期養成プログラム」に参加するための資格はありますか?

高校卒業以上であることと、日本語を流暢に話し、読み、書くことが出来る方なら、誰でも参加いただけます。


CILとはどんな団体ですか?

CIL(Canadian Institute of Languages)は、CIE(Canadian Institute of English)の姉妹団体です。CIEは、これまで英語教師資格(TESOL)を得させる「英語教師短期養成プログラム」を世界中で行ってきており、現在までで9,000人以上の卒業生が、40カ国以上で英語教師として働いています。また、数多くの国際機関により卒業生の派遣要請がなされており、CIEの言語教育プログラムがいかに優れているかを物語っています。


「日本語教授法習得証明書」はいつ受け取ることができますか?

最終日の午後にお受け取りになることができます。


その他の言語の「言語教授法習得証明書」とは何ですか?

「日本語教師短期養成コース」で教えられる教授法は、どの言語を教える際にも応用することが出来るものです。それで、日本語以外の外国語で「母国語か母国語に近い」程度に習熟している方は、その言語の「言語教授法習得証明書」を申し込むことが出来ます。


記憶を新たにするために再受講することは可能ですか?

はい、そのようなお申し込みを心から歓迎いたします。日本語教師短期養成コースには毎年のように新たなメソッドが加えられており、内容も最新のものに更新されています。受講されてからしばらく経過しているのであれば、多くの新鮮な情報を得ることができるに違いありません。なお、再受講の方は、お申込みの際に、「備考欄」に再受講であること、そして以前受講したコースの開催場所と卒業日付を記入することによって15,000円のディスカウントを受けることがおできになります。それで、受講費用振り込みの際にはディスカウント料金を差し引いた額をお振り込みください。


何を持参したらよろしいですか?

持参する必要があるのは、筆記用具のみです。


何を着ていったらいいですか?

このセミナーではさまざまなスタイルの模擬授業を行いますので、動きやすいカジュアルな服装でおいでください。


昼食はどうなっていますか?

会場の近くに、レストラン、コーヒーショップ、コンビニ等があります。また、お弁当を持参し、会場で食べていただいても結構です。


宿泊はどうするのですか?

ホテル等の宿泊予約が必要な方は、各自でお願いいたします。コース会場近隣(徒歩5~10分)のホテルの情報をお知らせします。

徒歩で10分以内のホテル

徒歩で15分以内のホテル

CIL卒業生アンケート実施結果

先日CILでは、卒業生がどのように証書を活用しているかを知るため、2007年夏の受講生にアンケートを採りました。その結果、海外における就職活動の仕方、現地での就職条件などに関する大変貴重な情報を得ることが出来ました。以下に結果を報告いたしますので、今後の皆様ご自身のお仕事や就職活動にお役立ていただければと思います。(太字による強調は事務局が行いました)

まず、全般的なアンケート結果ですが、
アンケート回収人数 23名
Aタイプ:「日本語教授法習得証明書」を活用し、日本語教師として就職できた方、あるいは内定している方 8名
Bタイプ:「日本語教師短期養成コース」に出席する前から日本語教師として働いていた方 1名
Cタイプ:「日本語教師短期養成コース」に出席したが、まだ証書を活用されていない方 14名
となりました。

Aタイプ、Bタイプは、今回ほとんどが中国の大都市で教えているという答えでした。他に、モンゴルにおいて日本語教師の就職が決まった方、またマレーシアへの移動を目指し現在アメリカ人に日本語を教えている、という方もいらっしゃいました。

質問2は「どのように就職先を見つけたか」というものでしたが、半分が「友人・知人から」という答えです。そのほかには「求人広告」「ネット」で見つけた、という方もいます。次のような経験をお寄せくださった方もいらっしゃいました。「今年から、日本で・・・中国企業の研修生に日本語を教えていた。7月にコースに出席して資格を取った後に、現地に赴き授業を実演する機会があった。社長の反応も良く、ぜひ現地で新しい授業法を採用してみたいという事だった。」積極的に行動したことがよい結果につながったようです。

質問3は就職に際し、「他の学歴は関係していたか?」というものでした。これに関しては様々な回答がありましたが、以下回答と、質問4就職できた教育機関」の返答を( )に入れて挙げたいと思います。

  • 「大学卒で教員免許取得者」(大学の日本語教師:エレバン文化大学生)
  • 「他の通信講座による日本語教師コースも修了していたが、主に実際にやって見せたことが一番インパクトがあったと思う。」(中国人研修生の送り出し機関。中国で6ヶ月間日本語と日本文化について教え込む)
  • 「特にないが、日本人であること。また、中国語を話せることが条件になっていた。前任の日本人は中国語が話せず、学校側も生徒側も苦労したとの事。」(全寮制私立の三年制職業外語学院で、高校に相当すると思われる。とはいえ、年齢層はさまざまで12 歳から 21歳と幅広い。まだ、日本語学科を設けて三年目で卒業生がいない。主な進路希望は、国内の大学でさらに日本語を学ぶか、留学をするなど。日本からも大学が生徒の誘致活動にきている。留学希望者の場合、日本語能力試験2級をパスすることが必須課題。)
  • 「日本語に関する学歴・資格があればよいが、私は持っていない。しかし数年の教育経験(塾講師)の点が評価された。一つの学校ですでに教えているなら、それは評価される材料となる。」(言語教育を含む様々な教育コースを運営するプライベートスクール:現在非常勤で4つの学校に登録)
  • 「SLAM証書」が役立ちました。私自身最終学歴が高卒なので正直なところ教育関係の仕事に就くのは難しいと感じておりました。ただ、セミナーを通して教育を受けたので、ある程度自信を持って仕事を始めることができました。」(主に社会人向の日本語学校)

この結果から浮かび上がってくるのは、日本語教授法についての大学卒業の資格はあった方がいいが、それがなくても、「日本語教授法習得証明書」を持っていること、現地語を話せること、他の教育経験を持っていることなどが就職の際に大いに役立つ場合がある、ということです。後から取り上げますが、面接の際に「日本語教師短期養成コース」で学んだ教授法を実際にデモンストレーションすることは大いに助けになるようです。

質問5は「給料や仕事時間、待遇などはいかがですか?」というものでした。これも人によりまちまちでしたが、以下のような答えが寄せられています。

  • 「非常勤なら自分の都合のよいようにカリキュラムをたてられる。給料は決して高くないが、交渉次第ではある程度何とかなる。」
  • 「大卒教員取得者と同じ」
  • 「時給50元。交渉しだいではまだ上がるかもしれない。仕事時間は・・・3日にしてもらっている。」
  • 「給料に関しては時給制ですが、一般的な日本語学校よりは多めにいただいています。・・・週5日夜3時間ほど働いています。」

他に、一年契約で週23単位(一単位45分)、月給6000人民元、さらに保険、住居無償提供等の好条件のついている方もいらっしゃいました。全体として言えるのは、良い給料とゆとりのある生活ということでしょうか。当然ながら、やりがいのある仕事という要素も加わって、卒業生達が満足度の高い生活を送っている様子をうかがい知ることが出来ます。

質問6は、「就職の秘訣」および「「日本語教師短期養成コース」で教えられたことが、実際に役立ったかどうか」という点でした。これに関しては、多くの意見が寄せられました。まずは「就職の際の秘訣」です。

  • 「自信を持ってSLAMで取得したことを説明し実際行ってみること。」
  • 「学校にもよるがたいてい簡単な模擬試験があるのでそこで自信を持ってはっきりと大きな声、及びジェスチャーを取り入れればよい。」

一人の卒業生は、面接の際の経験を語ってくださいました。

  • 「友人からの知らせで、非常勤講師を募集している学校があるということを知り、面接を受けることにしました。まず妻が面接を受け、その後私が受けることになりました。ただ、妻が受けた時点で学校の募集要項が変わっており常勤講師を採用ということになっていました。それもあり私も駄目もとのつもりで面接を受けに行きました。面接の際、「日本語教師短期養成コース」を受講したこと、近年の語学教育方法と私が用いようとする方法の違い、生徒が楽しく効果的に学ぶことができるメソッドの実例などを強調しました。その結果、すぐに不採用とするのではなく先生方の前で模擬授業を行い、それに基づき合否を判断するということになりました。
    その後の面接が模擬授業でした。まず、コミュニカティブ・アプローチを用い先生方に自己紹介をしていただくことにしました。生涯データベースを使い、制限時間を3分に設定しその間にできるだけ多くの人にインタビューしてもらいました。その後そのデータベースに基づき自分ではなく他の人を紹介していただきました。次に、ラシァス教授法、またTPRを用い30分の授業を行ないました。その際に妻が作成したフラッシュカードなども用いながら行ないました。終了後、短い会議が行なわれ、私だけでなく妻も共に採用されることとなりました。」

おめでとうございました!では、最後に、「「日本語教師短期養成コース」で教えられたことが、実際に役立ったかどうか」という質問への返答です。

  • 「生徒を飽きさせないようにさまざまな方法を取り入れることを学んだ。また生徒との親密感やユーモアのセンスは必要。・・・実際日本語を教えていて感じるのは、最低限の日本語教授法の知識は必要だが、あとはいかに生徒に授業がおもしろいと思わせるかが秘訣。(人気のない先生はあまり授業を回してもらえない)
  • 「いろいろなメソッドを学び、毎回教科書がなくても、変化に富んだ授業を行うことができています。」
  • 「まず、どうすれば生徒が楽しくまた効果的に学ぶことができるかを理解でき、それが今の仕事に役立っています。授業は1回1時間なのですが、終了後に生徒から授業が短く感じたと言われることがよくあります。このように生徒が1時間集中して学ぶことができるように、学んだことが活かせています。」
  • 「日本語をどのように教えたらよいのかを学び、教える点で自信が持てるようになりました。また、生徒も楽しみながら日本語を学んでいます。」
  • すぐに応用できるものが多く助かった。学生のレベルを把握していれば、すぐに授業を組み立てることができ、授業の準備にかかる多くの時間を節約できる。また、動きが多くインパクトのある授業ができたことも就職に役立ったと思う。就職先にはすでに日本語を教えるネイティブの先生たちもいたが、授業を実際に目の当たりにして相当の刺激を受けたらしく、あとで社長から聞いた所では早速自分たちの授業でもいくらか取り入れ始めているとの事。」
  • 「実際に仕事を行なってみて、いろいろな教授法が役に立っています。ひとクラスが40人ほどいるので、なかなかまとまらないのですが、例えばCA・CLL・ALM・AALM・Dual Language Weaving・Flash Card・TPR・Echo Reading・Musical Dictationなど。授業計画にさいしては、タイム&スピードの考え方がとても参考になっています。また、それぞれの脳神経学における根拠をいくらかでも理解できたことが助けになっています。加えて、教科書の文法に関する事項は今になって大変役立っています。」

ボランティアで一人のアメリカ人に日本語を教えている卒業生は、次のように述べています。

  • 「この生徒の場合かなり日本語が話せるのですが、読んだり、書いたりはできません。授業で学んだ方法を活用していますが、面白いとのことで、楽しく学んでいる様子です。」

このように、多くの卒業生が「生徒が楽しみながら学ぶことが出来るようになった」、との感想を述べておられます。これこそまさに、「日本語教師短期養成コース」の真髄だったこと(自分たち自身がどれほど笑い、そして学んだか)を思い起こされるかもしれません。

今回のアンケートには、「C」の回答をした方も大勢いらっしゃいました。ですが、それらの方達の中には現在ボランティアで外国人を教えているという方や、近いうちに海外に移動したいのでその時に証書を役立てたい、と述べている方が大勢いらっしゃいました。また、「今日からタイに行きます。向こうでのビザ獲得のために資格を役立てたいと思います。」という返信をくださった方もいらっしゃいました。また、次のようなお返事もありました。「英語を教えたり、自分自身が外国語を学ぶ点で非常に役立っています。スカーフを使ったあのジャグリングで、ほんの数十分で英語やスペイン語で数を数えたり、曜日や月の名前を覚えたりできるのです。なによりそのことで生徒さんが自信を持ち、意欲を高めるのを見るのがとっても嬉しいです。」このような形で学んだことを活かしていらっしゃることを聞いて、わたしたちCILスタッフも大変嬉しく感じております。もちろん、これらの皆さんも、将来機会が開かれたなら、昨年の夏に学んだ日本語教授法を活用し、日本語教師としいう報いの多い仕事を始められることを心から願っています。

それでは、このアンケート結果が、今後の皆様のお仕事や就職活動に役立つことを心より願っております。では、皆様のますますのご活躍をお祈りしております。